菊花賞(馬体診断+外厩情報)

菊花賞(馬体診断+外厩情報)

このブログは10月24日(日)阪神競馬場で行われる

菊花賞G1、好馬体の馬3頭&外厩情報を発信します。

尚、パソコンやスマホにて
競馬ラボ→馬体focusを開いてもらい
馬体を確認頂きながら
説明を見てもらえると、より理解してもらえると思います。

※専門的な用語も多々ありますので
その都度ご自身でお調べください。
そうすると、馬に関する知識がどんどん増えていきます!!

ヴィクティファルス

前走セントライト記念、掲示板組で外厩を使用した馬は2頭
その内の1頭はこの馬ヴィクティファルス
前走の不完全燃焼(IN突、鞭1発)が良い調教になったと考えます。
外厩を使用し毛艶は◎
全身の筋肉量はバランスよく増えています。

全体の骨格は中距離タイプ
本質は2000m~2500mがベストだが
下の説明で長距離適正を底上げしています

オレンジ線
僧帽筋から首を通り上腕頭筋までの連動が〇
首を上手く使える為、体力の消費が少なく済みます
長距離タイプに多少シフトチェンジしています

黄色線下側
大腿筋膜張筋の盛り上がりが長距離適正を底上げしています。
中距離タイプの同馬ですがこの部分を鍛えることにより
3000mも走れる馬体に変化しています。

緑線
半腱半膜様筋も浮き上がっていて
スローペースからの直線勝負になったとしても
いい勝負ができると思います。

血統から見ても牡系や牝系に長距離適正アップの馬がクロスしている事から
今現在この馬の適正距離は2500~3000mと推測します。

ちなみに余談ですが前走セントライト記念、掲示板組で外厩を使用したもう一頭の馬は
オーソクレース(NF天栄です)これは直前まで非公開の情報ですww

馬体診断2位 レッドジェネシス
馬体診断3位 セファーラジエル

ノーザンファームしがらき
・アリーヴォ(NFしがらき)
・ヴィクティファルス(NFしがらき)
・セファーラジエル(NFしがらき)
ノーザンファーム空港
・エアサージュ(×)
ノーザンファーム天栄
・ヴァイスメテオール(NF天栄)
・オーソクレース(NF天栄)
吉澤ステーブルWEST
・ディープモンスター(×)
・ワールドリバイバル(吉澤sWEST)
千代田牧場(静内)
・ヴェローチェオロ(千代田牧場)
外厩無し
・アサマノイタズラ(吉澤SEAST)
・グラティアス(ノーザンファーム)
・ステラヴェローチェ(NFしがらき)
・タイトルホルダー(ノルマンディ小野)
・ディヴァインラヴ(NFしがらき)
・ノースザワールド(×)
・モンテディオ(×)
・レッドジェネシス(NFしがらき)
・ロードトゥフェイム(松風馬事センター)